導入実績 潤滑コーティング

導入前の課題や背景

携帯電話、カメラの外装摺動での問題点

モバイルフォンやカメラの外観摺動部
通常、外観部の潤滑になるとユーザーが触れるので、転写の無いタイプを使用します。
耐久性が必要になると、潤滑メッキや潤滑塗装がメインになります。
しかしメッキや塗装は自社では行えず、塗装業者に委託する必要があります。
数をたくさん作る製品は摺動する場所が決まっており、塗装が欲しい場所はピンポイントです。
摺動箇所ポイントのみを塗装するのは難しく部品全体に塗装することになりコストがかかります。
また塗装膜に凹凸が生じることがあり、繊細なデザインが要求される摺動部では上手く塗装出来ない事が多々発生します。

解決策

HANARL 潤滑コーティングを使用し全て解決!!

カントーカセイが開発した潤滑コーティングは転写が無いので、安心して外装部でも使用できます。
オイル転写が無いにも関わらず耐久性が高く、拭き取り等を行っても剥離することが無く驚異の耐久性を維持しています。
自社でコーティング作業が出来るので、塗装業者に部品を出して依頼する必要が無く、作業効率、時間が一気に短縮可能となります。
特別な設備が必要なく工場のラインで塗布出来る為、作業効率化だけでなくコストダウンにもつながります。
速乾タイプで膜の凹凸が生じにくく隙間が小さな摺動箇所にも安心して使用可能です。
専用の洗浄剤を使用すればリワークも可能です。

導入後の効果

時間、コストの大幅短縮に成功

潤滑効果に驚き!塗布しただけなのに転写が無く耐久性の高い膜を形成することが出来る。
外部委託がなくなり時間効率の改善が非常に大きくなった。
コスト面でも大きな差が出ており、ミスした製品もリワークが出来るので廃棄する部品も減りまさに一石二鳥以上の効果が出ております。
是非一度カントーカセイの潤滑コーティング剤をお試し下さい!!